Zoom会議の荒らし対策はほとんど意味がないという指摘


新型コロナウイルスの影響により、人々は対面ではなく「Zoom」や「Google Meet」などのオンラインツールを使って会議などを行うようになりました。

しかしオンラインツールの流行に伴い、悪意のある人物が会議に参加して荒らしや嫌がらせを行う、通称「Zoom爆撃」が多数発生する事態となっています。

ツール提供側もさまざまな対策を施してはいますが、研究者たちは「そのほとんどが無意味だ」とする研究論文を発表しました。