Instagramの有名人たちが違法動物取引を促進しているという指摘


片手で持てるくらい小さなサルやトラ、ライオン、チーター、ピューマ、ナマケモノ、ミーアキャットなどのキュートな動物の写真や動画を、InstagramやTikTokといったSNS上にアップする有名人が多くいます。

こういった写真や動画の被写体となっている動物たちは、ドバイの違法な動物取引からやってきたものであると、調査報道を旨とするウェブメディア・bellingcatのFoeke Postma氏が指摘しています。

...