農民は自らが所有するトラクターの修理のために「ハッキング」を行わざるを得なくなっている


「製品の修理を行えるのはメーカーだけ」という状況は、電子機器のみならず車や農業機械まで一般的なものになっています。

こういった状況は独占禁止法違反の疑いがあるとして、アメリカを始めとした各国で「修理する権利」を求める声が活発化しています。

しかしいまだ修理する権利は法律として確立されておらず、農家は農業機械に使われるソフトウェアをハッキングしているのが現状だと海外メディアのFreethinkが報じています…