インフルエンザワクチンを接種した子どもは新型コロナウイルス感染症が重症化する可能性が低いことが判明


新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう一方で、例年であれば冬に流行するインフルエンザの患者数が極端に減少していることが報じられています。

そんな中、アメリカ・ミズーリ大学の研究チームが、「インフルエンザワクチンを接種した子どもでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が重症化するリスクが低い」との研究結果を発表しました。

...