沿岸地域において海面上昇がもたらす影響は想定の4倍以上だという指摘


気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、過去20年間の世界平均海面水位の上昇値は1年あたり2.6mmであり、2100年までに海面は1.1メートル上昇するとの予測を打ち出しています。

しかし一部の科学者は、沿岸部はもっと深刻な問題を抱えていると警鐘を鳴らしています。

...