Twitter史上最大級のハッキングを仕掛けた当時17歳の男に「懲役3年」の判決が下る


2020年7月に、AppleやUberといった大企業や、Amazonのジェフ・ベゾスCEO、テスラのイーロン・マスクCEO、ビル・ゲイツ氏、バラク・オバマ元大統領など多数の有名人のTwitterアカウントをハッキングした当時17歳の男に対し、裁判所が3年の懲役刑と3年の保護監察処分を言い渡しました。

犯行の規模に比べて刑が軽い背景には、まだ10代という年齢への配慮と、罪を認める代わりに減刑する「司法取引」があると報じられています。