Appleの自社プラットフォーム上の広告に対してフランスの規制当局が疑念を投げかける


Appleはユーザープライバシーの保護を掲げて広告企業による追跡を制限しようとしていますが、広告企業はCMやロビー活動などでAppleの行動に対抗しようとしています。

フランスではロビー団体が当局への申し立てを行っており、その訴えを受けたフランスの個人情報規制当局(CNIL)が「Apple自身の広告慣行に問題があるのではないか」と疑念を投げかけたことが報じられました。

...