パーキンソン病を引き起こす遺伝子変異は「脳内で神経細胞を作るプロセスを損なう」との研究結果


パーキンソン病は手の震えや歩行の困難といった運動障害を示す進行性の神経変性疾患であり、症状が進行すると車椅子や寝たきりの生活になるケースもあります。

そんなパーキンソン病を引き起こすとされている遺伝子変異が、脳内で神経細胞(ニューロン)を生成するプロセスを損なう可能性があるとの研究結果が発表されました。

...