Microsoft Exchange Serverのハッキングに自身のブログ名を使われた人物が「私はハッキングしていない」と説明


Microsoftが開発したメッセージングプラットフォームであるMicrosoft Exchange Serverが、セキュリティブログのKrebs on Securityなどの名前を呼び出すマルウェアに感染したことが明らかになっています。

しかし、Krebs on Securityを運営するBrian Krebsさんは、「私はMicrosoft Exchange Serverをハッキングしていません」という記事を投稿し、ハッキング攻撃は自身が行ったものではないと説明しています。

...