地震計でゾウの群れの動きを把握する取り組みが進められている


地震計は地震によって発生する揺れを計測する機器であり、気象庁は地震が発生すると各地に設置した地震計からの情報を収集し、発震時刻や震源地の割り出し、マグニチュードの算出などを行います。

地震計を用いて検出できるのは地震の揺れだけではないそうで、アフリカでは「地震計を使ってゾウの群れの動きを把握する取り組み」が進められていると、オンラインマガジンのAtlas Obscuraが解説しています。

...