アメリカのハチミツには冷戦期の核実験による放射性物質がまだ含まれている


アメリカを盟主とする西側諸国の資本主義・自由主義陣営と、ソビエト連邦を盟主とする東側諸国の共産主義・社会主義陣営が対立した冷戦により、1950~60年代には大規模な核実験が繰り返されました。

そんな冷戦に行われた核実験が原因で「アメリカのハチミツには21世紀に入っても放射性物質が含まれている」と、アメリカのバージニア州にあるウィリアム・アンド・メアリー大学の研究により明らかになりました。