「貨物の津波が来る」と海上輸送会社が語る、太平洋で一体何が起きているのか?


2021年3月にコンテナ船「エバー・ギブン」がスエズ運河で座礁し、約6日間にわたり通航を遮断した事故は、パンデミックの影響により大きな打撃を受けていた海運産業の混乱に拍車をかけました。

今後さらに激化するとみられる海運の乱れについて、貨物輸送に特化した情報サービス・American Shipperが報じています。

...