遺伝子組み換えした数千万匹の蚊を放つ大規模な実験がアメリカで実施へ


感染症を媒介するネッタイシマカの数を減少させるため、「子孫が繁殖しないように」遺伝子組換えされた蚊を放つという実験が、世界各所で行われています。

アメリカでは長年、当局による実験許可が下りていなかったのですが、2020年8月に実験の実施が認められ、2021年5月、ついに蚊がアメリカ・フロリダ州で放たれることになりました。

...