10分以下の運動では意味がない?よくある運動習慣7つの誤解


健康に関する常識は変化が早いので、うっかり一昔前の「事実」を信じたままになっていることもあります。

誤った認識に基づいた生活を忠実に続けて不利益を被らないためにも、定期的に健康に関する認識をアップデートする必要がありそうです。

信頼性の観点から、ひとまず公的機関のまとめた情報(厚生労働省による『健康づくりのための身体活動基準2013』など)を軸に据えておくのが賢明でしょう。