格差社会を助長する「人工肉」という新たな食文化


健康的にお肉なしの食生活を送るためには、新鮮な野菜や比較的コスト高の人工肉が必要である一方、それを日常的に手にすることができるのは一部の人のみ。

それが肉なし食生活の課題です。

地球温暖化対策としてのお肉なしメニュー。

高級レストランとファストフード店の取り組みは、一見同じに見えますが、実際は同じお肉なしメニューの裏に大きな貧困格差があるのです。