目に「藻類由来のタンパク質の遺伝子」を注入して盲目の人の視力を部分的に回復させる実験が成功


近年は光でタンパク質を制御する光遺伝学という手法が大きく進展しており、神経回路機能の研究や難しい病気の治療などに役立てられています。

新たに医学誌のNature Medicineに掲載された論文では、「光遺伝学を用いた臨床試験で40年にわたり盲目だった男性の視力を部分的に回復させることができた」と報告されました。

...