ウォーキングではない「日常生活の中の歩行」にも寿命を延ばす絶大な効果があることが明らかに


「毎日よく歩く人ほど死亡リスクが低い」ということが最新の研究により明らかになっているように、ウォーキングが健康に良いことはさまざまな研究により示されてきました。

最新の研究では、時々行う程度のウォーキングであっても、寿命を延ばすには十分な効果を発揮することが示されています。

...