幼少期のトラウマが老後のアルツハイマーにまで影響する可能性が最新の研究で示唆される


アルツハイマー病とは脳の認知機能が低下していく症状で、主に老化が原因で発病します。

そのほか、飲酒が原因でリスクが倍増したり、睡眠時間が短いとリスクが高くなると報告されたりと、さまざまな要因がアルツハイマー病の発症に影響すると考えられていますが、2021年に発表された最新の研究では、「幼少期に経験したトラウマ(心的外傷)」が年齢を重ねた後の認知機能の低下に影響している可能性が示唆されました。

続き…