「脳の老化が70%遅い部族」がアマゾンで暮らしている


ボリビアの熱帯雨林で自給自足の生活を営むチマネ族は、近代的な暮らしを営む人々と比べて体質や文化が大きく異なるということが知られています。

そんなチマネ族について、新たに「他の地域で暮らす人々と比べて脳の老化が70%遅い」という研究結果が報告されています。

...