ランサムウェア攻撃は大企業の脅威だけでなく食料や医療など「人々の日常生活」に矛先を向け始めたとの報道


ランサムウェア攻撃が近年増加の一途をたどっており、2021年5月にはアメリカ最大の石油パイプラインが停止したり、同年6月には世界最大の食肉加工業の所有する全アメリカ工場が操業停止したりしています。

こうしたランサムウェア攻撃の被害について、アメリカ大手紙のThe Washington Postが「最悪の事態が発生する可能性がある」という専門家の意見を報じています。

...