Appleが「デジタル運転免許証」開発に向けて動き出す


身分証明書をデジタル化させることには、セキュリティの観点から多くのリスクが指摘されています。

しかし、Appleは新たに自動車運転免許証のデジタル化を前進させ、2021年後半にはアメリカの一部の州でAppleのアプリ「ウォレット」に運転免許証を追加可能にする予定と報じられました。

またAppleはBMWで電気自動車開発に長年関わってきた元役員も雇い入れており、自動運転車についても開発を進めているとみられています。