犯した過ちで自分を責めてはいけない理由


誰かが過ちを犯しても、その過ちとその人のアイデンティティを切り離してとらえられたら理想的ですが、実際には簡単にできることではありません。

誰でも誤った判断を山ほどしながら生きていますが、犯した過ちによって人生を決めつけたり、自信を喪失しないようにすることが大切です。