実力以上に評価されたとき、その罪悪感に向き合う方法


自分の成功の価値を素直に評価したい人にとって、上向きに失敗したと考えると、罪悪感を抱く傾向にあります。

解雇を免れ、翌月に管理職に昇進した人などがいい例です。

心理学者であり、リーダーシップコーチのPerpetua Neo博士は、米Lifehackerにこのように語っています。