Appleのプライバシー機能をバイパスしようとした中国企業の顛末とは?


AppleはiOS 14.5以降でプライバシー機能を強化し、企業によるiOSユーザーの行動追跡を制限しています。

これを受けて中国の広告企業がAppleのプライバシー機能をバイパスし、iOSユーザーが追跡を拒否していても、追跡を可能にする仕組みを開発していました。

2021年3月に明らかになったこの「CAID」というプロジェクトの顛末を、Financial Timesが報じています。

...