「監視」を元にした広告は禁止されるべきという批判


近年のインターネットにおけるデジタル広告は、「ユーザーの行動を追跡すること」をベースに構築されています。

このためプライバシーを侵害するという指摘が多く、広告企業であるGoogleは、既存の仕組みを廃止し新たな広告の仕組みを作り出そうとしています。

しかし、新しい広告の仕組みでも依然として「ユーザーの行動を追跡する」という慣行が残ることから、「そもそも監視ベースの広告を廃止すべきのだ」という主張が強まっ…