インフラを狙うロシアのハッカー集団のウェブサイトが謎の消失


マルウェアでコンピューターの制御を奪い、身代金を要求するランサムウェア攻撃の被害が、アメリカのインフラ企業で増加しています。

攻撃を行ったとみられるのがロシアのハッカー集団だったことから、バイデン大統領は2021年6月16日の会談でプーチン大統領に対してサイバー攻撃に関する提案を行いました。

そして7月13日付けで、問題となっていたロシアのハッカー集団のウェブサイトが消失したことが報じられています。

続…