Appleが「児童性的虐待資料検出はプライバシーを損なうものではない」とFAQを発表


Appleが2021年8月5日(木)に発表したCSAM(児童性的虐待資料)拡散防止のための試みが、ユーザーのセキュリティやプライバシーを損なうものであると反発を招いています。

Appleは改めて「メッセージの中身を見るわけではない」「iCloud写真に保存された写真がCSAMと一致するか検出するのみで、端末のその他のデータをスキャンするわけではない」など、プライバシーを損なう機能ではないことをアピールするFAQを公開しました。