Microsoftが新たなゼロデイ脆弱性について警告、Officeファイル開くとコードが実行される可能性


Microsoft Windowsにリモートコード実行の脆弱性が存在し、Microsoft Officeドキュメントを使って脆弱性が悪用されると、システムの制御権がのっとられる危険性があると判明しました。

この脆弱性を利用しようとする攻撃は既に検知されていますが、パッチはなく、Microsoftは回避策を示しています。

...