鍵穴から通したレーザー光だけで部屋の中の物体の輪郭を認識できる技術の開発が進行している


スタンフォード大学の研究チームが鍵穴からレーザー光を通すことで部屋内に存在するオブジェクトの形状を把握する「Keyhole Imaging」を発表しました。

実験では、模擬的な部屋内に設置された物体の大まかな輪郭が把握できることが確認されています。

...