自動運転技術の安全調査のため規制当局が12の自動車メーカーにデータを要求


テスラのオートパイロット機能で緊急車両との衝突事故が相次いでいることから、アメリカの国家道路交通安全局(NHTSA)がテスラに対する調査に続いて、主要な12の自動車メーカーに「運転支援システム」、いわゆる自動運転技術に関するデータの提供を求めています。

これは当局としての命令で、データ提供を拒んだ場合、最大で1億1500万ドルの罰金を科される可能性があります。

...