市場の暴落でパニック売りに走りやすい人の傾向とは?


パニック売りとは、何らかのニュースの影響で株式市場などが急落した際、心理的にパニックを起こして持っている株式などを慌てて売却してしまうことを指す言葉です。

一般的にパニック売りは好ましい行動ではないと言われており、マサチューセッツ工科大学スローンマネジメントスクールの研究チームは、「一体どのような人がパニック売りをしてしまいやすいのか?」や「パニック売りがメリットをもたらすことはあるのか?」とい…