「ファイル」や「フォルダ」を理解できない学生が急増中


1980年代から2000年代にかけて爆発的に普及したパーソナルコンピューター(PC)によって多くの人々がインターネットを活用できるようになりましたが、さまざまな理由からインターネットを利用できない人も存在し、インターネットを利用できる人と利用できない人の間に存在する格差を指す「デジタル・ディバイド(情報格差)」という言葉も登場しました。

現代の学生はPCが一般的になった後に生まれたため、自然とPCに習熟するものだ…