疲れた心にはやっぱりエンタメが必要。コロナをひっくり返す『DIVOC-12』、展開が読めない『ユメミの半生』インタビュー


私たちの生活を大きく変えた新型コロナウイルス。

ステイホームや活動自粛…。

必要なこととわかりながらも、「もういい加減にしてくれ」という気持ちになりませんか。

そんな時欲しくなるのは、「心に効く薬」のような存在です。

12人の監督がそれぞれチームに分かれ「成長への気づき」「感触」そして「共有」という3つのテーマにそった作品をつくったオムニバス映画『DIVOC-12』は、まさにそんな薬のような映…