2050年までに50億人が水不足に苦しむ可能性があると国連機関が警告


2021年10月6日、国連の専門機関である世界気象機関(WMO)が気候変動についてまとめた報告書を発表しました。

その中で、水へのアクセスが不十分になる人が増加し、2050年までに50億人に達すると報告。

気候変動による干ばつや洪水などの危険性に目を向けるべきだと警告しました。

...