「修理する権利」が拡大しゲーム機の修理が可能に、ただし光学ドライブ搭載端末のみ


アメリカの著作権法により定められた著作権登録を管理するアメリカ合衆国著作権局が、「修理する権利」を認める新しい規則を採用しました。

この規則は、消費者が所有するデバイスを自分の手で修理することを防ぐために企業が利用してきた「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)」の一部を免除するというものであり、消費者が自身の手でゲーム機を修理することができる範囲が拡大します。

...