「違法画像の検出システムは簡単にだませる」ことを示した実例はこんな感じ


近年はデバイスや通信のプライバシーが向上した結果、児童性的虐待コンテンツ(CSAM)などの違法な画像のやり取りが容易になったという問題が生まれています。

この問題に対処するため、端末に保存される画像から違法画像を検出する仕組みが開発されていますが、新たな研究で、「アルゴリズムをだまして検出システムを回避することは容易である」ということが示されました。

...