Appleが3億4000万円超を支払い「持ち物検査の時間も従業員に給料を支払うべき」と主張する集団訴訟と和解


Appleは実店舗のApple Storeを世界各地で運営していますが、ここでは従業員が商品を盗んでいないかをチェックするための持ち物検査が「勤務時間外」に行われています。

長い場合には45分にもおよぶため、「持ち物検査時に給料が支払われないことはおかしい」と主張する従業員たちにより、Appleは集団訴訟を提起されていたのですが、8年間にもおよぶ法廷闘争の末、ついにAppleは訴訟に和解して3000万ドル(約3億4000万円)を支払う…