ドローンやAIなどの最新テクノロジーを「老朽化した下水道のメンテナンス」に投入する試み


家庭からの生活排水や工場排水などが流れ込む下水道は、定期的な点検や老朽化した場所の補修などが必要ですが、さまざまな汚物や廃棄物にまみれ、ネズミなどの小動物も生息する下水道内を点検するのはかなりのコストがかかります。

老朽化したインフラストラクチャーの整備が課題となっているアメリカでは、最新テクノロジーを活用したロボットやAIを導入して、下水道の問題に対処する試みが進められています。