脳が次の行動を予測するのは「エネルギー消費の効率化」の結果だという指摘


人間は目や耳で物事を感じたとき、得られた情報をもとに次に起こる出来事の予測を立てることができます。

この「物事を予測する」という脳の働きは、実は「エネルギー消費の効率化」を図った進化の結果である可能性が、人工ニューラルネットワークを用いた調査などにより示されました。

...