透明度が高い完璧な「塩の結晶」の作り方が3年かけて編み出される、その記録が公開中


塩の結晶は、「飽和食塩水をゆっくりと蒸発させる」という方法で作成可能です。

これだけ聞くと非常に単純で簡単そうなのですが、透明度の高い結晶を作りだすには蒸発プロセスを制御する必要があるとのこと。

蒸発プロセスがうまくいかないと、結晶が白く濁ったり、逆に溶けてしまうことがあり、また小さなほこりが原因で「小さな結晶の群れ」が発生してきれいな直方体にならないこともあります。

そこで、結晶作りを愛する大学生…