「歯ぎしり」や「歯の食いしばり」が日常生活に及ぼす影響とは?対策方法も専門家が伝授


新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、患者の間で「歯の食いしばり」や「歯ぎしり」が増加していると歯科医が報告しています。

「歯の食いしばり」や「歯ぎしり」が原因の症状としては、歯や歯ぐき、顎(あご)の関節や筋肉への痛みなどがあります。

それらの痛みが引き起こす問題について、歯科補綴学の学者であるデール・ハウズ氏と、歯科医のアレクサンダー・ホールデン氏がまとめています。

...