寝室からオフィスへの移動時に滑って転んで負ったケガが労災と認定される


新型コロナウイルスの世界的な流行によって、会社に出社せずに自宅で作業を行う在宅ワークで働く人が増えました。

自宅から一歩も出ずに仕事をすることで交通事故やケガに見舞われる確率も減るはずですが、寝室から仕事部屋までの数メートルを歩いている時に転んでケガをした場合を労働災害(労災)と認定する判決がドイツで下されました。

...