ソニックの生みの親である中裕司氏が完全自作した中毒性あるゲーム「SHOT2048」をプレイしてみた


ソニックシリーズやファンタシースターオンラインの生みの親として知られるゲームクリエイターの中裕司氏が「ゲームクリエイターとして働いてきた37年間で、初めてすべてを1人で作った」というゲーム「SHOT2048」を公開しました。

数字の書かれたサイコロを発射して同じ数字のサイコロを合体させていき、最終的に「2048」という数字を作り出せばゲームクリアという単純なルールなのですが、実際にプレイしてみるとただ同じ数字…