半導体不足解消と復権を狙うIntelの次の一手とは?


Intelのパット・ゲルシンガーCEOが「半導体不足は2023年まで続く」との見解を示すなど、2020年ごろから始まった半導体不足の長期化が懸念されています。

そんな中、Intelの最新鋭の半導体工場を取材したテクノロジー系ニュースサイトのProtocolが、半導体不足の解消につながると期待されている次世代技術に関するIntelの取り組みについて報じました。

...