自称ビットコイン考案者が失われた仮想通貨のアクセス権を求めて訴訟、裁判所は原告に敗訴時の法定費用支払いを命令


2016年に「自分こそがビットコインを考案したサトシ・ナカモトだ」と名乗り出たクレイグ・ライト氏が、ハッカーによって削除されたというビットコインのアクセス権復活を求めて15人と1社を相手取った訴訟を起こしていた件で、高等裁判所がライト氏に対し、敗訴の際に法定費用を支払うよう命じました。

...