「無理に幸せにならなくてもいい」とあえて理想から離れて過ごすことでより幸せになる方法


誰しも自分の理想像を夢見て、そんな自分になりたいという思いを抱くもの。

理想と現実がかけ離れていることに恥ずかしさや罪悪感を覚える人も多いはずですが、「『あえてだらけた自分でいること』でより幸せになる可能性がある」とニュースメディア・The Guardianのレベッカ・シール氏は論じ、その方法について説明しています。

...