ロシアのウクライナ侵攻に関するフェイクニュースが増加するもTwitterのファクトチェック機能「Birdwatch」は役に立っていない


ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始めると共にインターネット上でのプロパガンダも活発化しており、TwitterやFacebookなどはフェイクニュースを発信するアカウントの削除などの対応を行っています。

Twitterは誤情報拡散を防ぐ試みにユーザー自身が参加できる「Birdwatch」という新機能に取り組んでいますが、これまでのところBirdwatchは役に立っていないとアメリカの日刊紙であるワシントン・ポストが報じています。

続…