「心臓発作を経験した人はパーキンソン病になるリスクが低い」との研究結果


パーキンソン病は手の震えや動作の緩慢などの運動障害を示す神経変性疾患であり、症状が進むと自力歩行も困難になってしまいます。

そんなパーキンソン病について、デンマーク・オーフス大学病院の研究チームが行った調査から、「心臓発作を経験した人はパーキンソン病になるリスクが低い」という関連性が発見されました。

...