1980年代のOS「Windows 1.0」のイースターエッグが新たに発見される


ソフトウェアやゲームには、特定の操作を行った際に特殊な画面を表示する「イースターエッグ」が開発者の遊び心として仕込まれていることがあります。

2022年3月には、1985年に発売されたMicrosoft製OS「Windows 1.0」から「開発者の名前を一覧表示するイースターエッグ」が発見されました。

...