ヨーロッパで空や雪がオレンジ色に。原因はサハラ砂漠


先週、ヨーロッパではどんよりとした空が広がって、多くの場所で地面がオレンジがかった色になったり、スキー場や雪山のてっぺんが、キャンディーをテーマにしたおとぎの国や火星のようになったりしたそうです。

その原因は、3月15日にサハラ砂漠からはるばるやってきた巨大な砂塵だったとのこと。

ちょっと意味がわかんない…。